iPhoneやandroidでWi-Fiにつないだままテザリングするとパケット通信費はかかるのか

スポンサーリンク

iPhoneを4G・3G通信からWi-Fi接続中にテザリングするとパケット通信料はかかるのか



結論から言うとかかります。

というのも試してみればわかるのですが、Wi-Fi接続中にテザリングすると

このように4G・3G通信に戻ってしまいます。

ほとんどの方は定額の通信料金を支払っているとおもいますが、支払っていない人はどんどん追加料金がかかってしまいます。昔で言うパケット通信ってやつに入っていれば大丈夫です!

しかし注意は必要です。常に通信しているので使いすぎると速度制限になります。

まとめると

Wi-Fi→テザリング不可能
パケット通信→テザリング可能

通信料を大幅に下げることが可能です。         そのアプリがこちら

最近だと街中や田舎でも公共のWi-Fiが気軽に使用できて通信料を節約することが可能です。

そのアプリが「タウンWi-Fi」というアプリ。

applestore(アップルストア)ダウンロードはこちらから

2017年11月現在では、200万ダウンロード達成!!

ダウンロードしていれば勝手に公共Wi-Fiに接続してくれるという神アプリです。でもコンビニとか公共のWi-Fiって遅くね?って思いませんか?安心してください。ストレスを感じる遅いWi-Fiには接続を除外してくれる設定がついています。

公式では毎月3GB節約!と歌っていますが、3GB以上節約できています。

ちなみに私は先月で15.97GBほど節約できているので、もうタウンWi-Fiがなくてはならない存在です。

全国に約40万か所

世界では200万か所

使用できるので世界中でしようできるというわけです。

通信制限に悩んでいるあなたにぜひ必見のアプリと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする