BCHはどこまで上がるのか。11/11中国では「独身の日」でありアリババの大規模値引きセールが影響しているのでは?

スポンサーリンク

中国では11月11日は「独身の日」と呼ばれていて、インターネット通販各社(特にアリババ)の大規模な値引きセールが既に一斉に始まっています。

午前0時に始まった「独身の日」セール。ネット通販最大大手の「アリババ」では、午後1時には二兆円をたった一時間で突破しており日本企業も続々と波に乗っている様子である。

ちなみにアリババでは、三キロ圏内に住んでいる人を対象に、

通販で注文が確定して支払いが完了すると30分いないに届けてくれるらしい。

そのため鮮度が大事な魚介類などを一瞬で届けてくれるので素晴らしいサービスであること間違いない笑

アリババでは15億個の商品を今後配送するだろうと見通しており期待や注目が集まっている。

ではなぜそのアリババが仮想通貨に影響すると思ったのか

それを具体的に説明していこうと思う。

なぜ仮想通貨に直結するのか

2017年現在世界では現金を持ち歩くことをやめて、スマートフォンなどの端末を持ち歩き「QRコード」を読み込んで決済するのが支流になりつつあるのです。

日本国内でも「LINE Pay」「楽天ペイ」「Origami Pay」などがQRコードを利用した決済サービスを既に開始しています。

つまり11月11日に大手インターネット通販会社や、その他の中小企業などが当たり前のようにインターネット決済し、中国ではおよそ7億人以上がインターネットを利用していて、その大半がスマートフォン経由でネットに接続していると見られています。こうした人たちがネット通販を日常的に利用しているのです。

それを踏まえて考えたとき一つの仮説が生まれます。仮想通貨はどうなるのか。

今、仮想通貨取引ではBTCの勝ちが上がり続けて暴落している中、BCHはすさまじく高騰しています。もちろん13日に予定されていたHFも影響しているかもしれませんが

今日のアリババでの大規模セールなどと日にちが合致していると思いませんか?

BCHは韓国と中国が握っているのでその線はかなり高そうであると推測できるのです。ならばセールが終わった時何が起こるでしょうか?今はまだ高騰を続けているBCHですが、セールが終わったと同時に暴落するのでは?という危険性が見えてくるわけですね。

中国に市場を握られているといっても過言ではないかもしれませんね。

Twitter反応

ここまで上がるんだったら全部BCHにぶっこんでおいたほうが良いような気がしてきた。

長期的な目線でデイトレードするんだったらビットコインは儲かりますね
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする